こばやしいさむ

スティンガーズ仲間のイサムからメールが来た

県大会の対戦チーム、準優勝?
我がチーム、良い試合したんじゃない?
俺はとても楽しんでバスケできたよ!
その代償が添付の通りです
練習しましょう!


isamuuu.jpg
添付写真

先週土曜の県大会2回戦に20点差で敗れた相手が1位と10点差の準優勝だった
その優勝チームは、先の全国クラブ選手権大会で3位になっている強豪
オーバーフォーティ4人を含む6人の布陣で、47歳トリオがスタメンで、内1名が前半で太腿肉離れして、1名が5反則退場して、盛んに交代を繰り返しても一向に戦力が落ちない相手に20点差は健闘に値するのではないかと、そう言いたいらしい

間接的な相対比較はあんまりアテにはならないと思うけど、腿裏ぶっといろになりながらも彼は満足した様子

なにがたまげたって、大会で会う度に「バスケしてる?」と尋ねると必ず「いや、2か月してない」とか言う奴から「練習しましょう!」と来たことである

かつてイサムは、凄いプレーヤーだった

世田谷区の某軍隊系体育大学を卒業後、地元に戻り、鳴り物入りで国体チームに選出された彼と出会ったのは今を遡ること四半世紀前、当時俺は大学院1年生
中央のバスケブランド大学卒業の経歴に加えて一足先に社会人していた彼は、インカレ出場など夢また夢の地方大学でまだ学生していた俺にとって眩しい存在だった

「こ、こばやしくん・・」 マジで緊張していた当時の俺

「こらイサム~ さぼってねぇで走れー(怒)」 今じゃこんな感じだけど

当時の彼の外角シュートの精度は恐ろしく高くて、滅多には外さなかった

彼がシュート動作に入ると、あたかもミサイルが目標をロックオンするかの如く、「あ‥入る」と思わせる確実性があった

前述の試合で36得点のタクミもスゲーと思うけど、当時のイサムなら50点くらい取っていたかもしれない

その後10年ほどしたら彼のジャンプシュートのボールが何故か時々後ろにすっ飛んでいくようになり、「なにやってんだよイサム~」と皆に笑われていた

かつてストイックなバスケマンだった彼も、国体の中ではいつの間にか三の線にキャラチェンジし、夜の素行も相まって、ついたあだ名は「ピンクマン」。武田先輩にいじり倒されていた

どんなに頑張っても彼に追いつくことは叶わなかったけど、彼の方から俺のレベルに降りてくれたようで、密かに嬉しかった

17040422ert01.jpg
シュートフォームの美しさは健在

当時より10キロ以上肥えた彼だけど、まだ頑張る気持ちは残っているらしい

こういう友の存在は、張り合いにはなるね

色々と‥

会社で献血

17040425rt06.jpg

事前のヘモグロビン比重検査の採血と本チャンの献血、刺された時の痛さは針の太さに比例する

献血の注射は、刺された感がある

それでも、痛さには毎回のバラツキはあり、そこそこの時と腕中が痺れるほど痛い時がある

看護師さんの腕でしょうか?

今日は痛かった

17040425rt07.jpg
夕方、ソラ高へ

会計監査

会計監事として唯一、それっぽい仕事ではあるけれど、お膳立ては全て先生方がしてくださっている前提の神輿に乗っている己の立場は十分に自覚しているので、

「ふんふん 結構です」と、説明されるままに頷き

「ここの繰越額がやけに多いのは どういった訳で?」と、たまに問いかけてみたりして

ハンコ押して終了

校門でソラにばったり会ったので、一緒に帰り

中学の部活を覗く

「あれ? リクとハマがいない‥」と思ったら、1年生に応援指導していた

17040425rt08.jpg
男子と一緒に帰る

17040425rt09.jpg
撮影拒否




Watching is better than playing

県内4大大会の一つが先週末に終わり、毎度のことながらバスケは暫くノーサンキューのテンポラリー・レストなんだけど‥

17040425rt01.jpg
娘たちがやるってんで、会社帰りに町内中学校体育館に寄った

17040425rt04.jpg
やはりというか、大人バスケにはさっぱり気持ちが入らずのバーンアウト現象で

17040425rt02.jpg
観るのが楽しい

17040425rt03.jpg

今週末は春季大会



日独同盟

欧州顧客が工場監査で来社

足掛け3年の開発プロジェクトがようやっと花咲いて量産がスタートしたのは昨年の春

お役御免で後はよろしくと生産部門に移譲し今は別の開発プロジェクトを受け持っている

次なる事業化ネタを仕込むのに躍起になっている現在、先週の展示会出展もその一環であり、済んだことを振り返る余裕もない日々に過去の記憶が薄れてきているのも悲しいのだけど、プロジェクト解散と共に別の仕事に散っていった当時のメンバーが久しぶりに集い同窓会のようだった

3月にMike's classを卒業してこの方、英語は全く使っていない

先週ドミトリーに宿泊したのは、今回のミーティングに際してガイジン及び英語慣れしておきたかったからでもある

無事終了、彼らは満足して帰っていった

プロジェクト時代にお付き合いした先方の開発、営業担当のメンバーも、今回来た品質保証、購買担当者も、皆いい人

ゲルマンの方々は、一見さんには取っつきにくいけど一旦信用されるとそこからは強固なパートナー関係を築く、義理人情を重んじる点で日本人と似たメンタリティであると云われる

色んな方と付き合ってみて、確かにそうかもしれないと実感している

そして、信頼関係を作る上でのコミュニケーション手段として英語が必須であることも‥

開発着手と共に入学し、以来お世話になったMikeには、本当に感謝している

ここに至る過程ではしんどいこともたくさんあったけど、振り返ってみれば、失敗もヘタレも全てひっくるめて、その時々の選択に無駄なことなんか一つも無かったなと思う

もう一度、Bremen行きたいなぁ
↓ ↓
ちょうど3年前‥

Compatibility ~両立~

一昨日のバスケにより久々に味わった全身筋肉痛が今日も続いている

今週はやるべき仕事がたくさんあって、先週の出張から脳内のテンションは上がりっぱなしなんだけど、いかんせん身体がダルい

ソフトはアクセル踏むよう指示しているのにハードがブレーキかけている、例えるなら金縛りのような違和感がある

勉強と部活の両立、なんて子供にはしたり顔で言ったりもするけど、仕事と運動のテンションを同期させるのはちとしんどいなと、この歳になって思う

ひとまず今週は、仕事に専心

今週乗り切れば、5月連休‥

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ご来場

プロフィール

天晴

Author:天晴
いつもありがとうございます

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
2088位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
96位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR